利息制限法とは

利息制限法とは、一定の利率を超える利息を制限し、高利の取り締まりを目的とする法律です。

利息制限法では、元本(元金)に応じて金利を「年率15〜20%」と定めています。
また、その上限を超える利息分については無効とされます。

<利息制限法で定められている利息の最高限>
元本が10万円未満の場合・・・・年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合・・・・年18%
元本が100万円以上の場合・・・・年15%

返済先がどんなに迫っても来ても、この法律を犯しているようなら「返済する必要は一切ない」とも言えるのです。

利用者の方、ご自分の年率を確認してみてはいかかですか?
出資法の上限を守っていても、利息制限法の上限利率で、計算をし直すことができ、債務の総額を減額させることが出来るということを、ここでコッソリ教えておきます。

消費者金融系 キャッシング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。